鼻の黒ずみの原因や対処法は?

鼻の黒ずみの原因や対処法は?

一般的な黒ずみ対策と注意点

読了までの目安時間:約 3分

fhjdhfkdsfksfkhdgkd

毛穴の黒ずみには原因が有り、原因に即した対応を行なうことで黒ずみが軽減されることは分かりましたが、原因が分からない場合や原因が分かっていてもなかなか対応まで手が回らない場合、市販の黒ずみケア用品を使用して黒ずみ対策を行なう場合もあります。

市販の黒ずみ用品なら簡単に手に入りますし、商品によってはさほど金額がかからないものも多いため、手軽に行なえるのが魅力的です。しかし、黒ずんでいる原因全てに対応しているわけではないので、効果が感じられない場合もあります。

また、市販の黒ずみ対策グッズのなかには使用する際肌や毛穴にダメージを与えないように注意が必要なものもあります。
使用法を正しく行なう他注意が必要な対策方法についてまとめてみました。

一般的な黒ずみ対策グッズの注意点

毛穴が黒ずんできたと感じたらまず真っ先に使用してみるのが毛穴パックです。鼻を湿らせて毛穴パックを貼り付け、乾燥するまで15分間放置するだけの簡単な黒ずみ対策ですが、パックが終わったあと肌のお手入れを怠ると、効果どころか黒ずみが悪化してしまうため注意が必要です。

蒸しタオルなどで毛穴を十分開かせた後、霧吹きで花を十分にしめらせ毛穴パックを貼ります。数分経ったらパックをはがし、化粧水でしっかりと保湿を行なってください。

毛穴の汚れ対策としてオイルでのマッサージがあります。オイルを塗ることでマッサージの肌への摩擦は防ぐ事ができ、油分で汚れを浮かすこともできますが、必要な皮脂屋潤いまで落としてしまう事があるため、なるべく保湿効果のあるヴァージンオリーブオイルやスクワランオイルを使用してみましょう。手入れした後はしっかり油分を洗い流すことも忘れずに。

更に口コミで広がっている、黒ずんだところにオロナイン軟膏をたっぷりと塗り、15分ほど放置した後洗い流し、その後毛穴パックを行なうという方法があります。

確かに効果を感じた人はたくさんいるようですが、オロナイン軟膏は殺菌作用のある薬であり、それをたっぷり塗りこんで放置する行為は、皮膚に存在するよい働きをしている菌まで殺菌してしまうため、あまりお勧めできません。行なうとしても2週間に一回程度に留め、やり過ぎないようにしてください。

対策を行なったからすぐ改善するというものではありません。時間がかかるものであるということを認識し、すぐに効果が出なくてもしばらくは対策を続けてみることも肝心です。

 

手入れ法

この記事に関連する記事一覧

 | ホーム |