鼻の黒ずみの原因や対処法は?

鼻の黒ずみの原因や対処法は?

気になる鼻の黒ずみの原因は、なに?


ljghghghg

どんなに肌を綺麗に見せようと、洗顔に気をつけたり、スキンケアに気をつけてみても、なぜか残ってしまう鼻の黒ずみ。鼻のてっぺんや小鼻が黒ずんでいる人も多いですが、鼻の付け根から鼻全体黒ずんでいて、人に近づくのも恥ずかしくて怖いという人もいます。

毛穴が広がってしまった鼻のことをイチゴ鼻と表現する人もいますが、一度なってしまったら治らないという説もあり、不安に感じている人も多いです。しかし、イチゴ鼻の原因をしっかりと突き止め、正しいケアを継続させることができれば鼻の黒ずみも解消していきます。

ここではなぜイチゴ鼻になってしまうのか、イチゴ鼻はじめ鼻の黒ずむ原因は何なのか、イチゴ鼻は一説のとおり一度なってしまったら二度と治らないのか、イチゴ鼻や鼻の黒ずんでしまう原因について学んでいきます。

黒ずんでしまうのはなぜ?

鼻が黒ずむ一番の原因は毛穴の開きです。鼻はTゾーンとも呼ばれ、顔面でも皮脂の分泌が多いところです。皮脂の分泌が多く開きやすくなっている毛穴にほこりや老廃物、古い角質や分泌された皮脂などが溜まり、それが酸化して硬くなってしまいます。

固まった汚れが毛穴を広げてしまい、結果として汚れが黒ずみとして見えるようになるのです。これが原因で起きている黒ずみの場合、表面を触るとざらざらとした感じがあります。

鼻の表面を触ってもざらつきのない、毛穴のつまりとは少し違った感じの黒ずみもあります。それがメラニンです。鼻は常に顔面でも一番高いところに位置し、紫外線などの刺激を受け続けています。

また、ちょっと鼻が黒ずんできたからと必死にいじったり、肌に合わない化粧品などの刺激でもメラニン色素が分泌されます。このメラニン色素が原因で毛穴にしみができ、黒ずみとなって見えるのです。

三つ目は産毛です。鼻の毛穴にはほとんど毛は生えないのですが、まれに産毛が生えることがあり、その生えた産毛が黒ずみとなって見えることがあります。

鼻の黒ずみの手入れをしっかり行なってもなかなか改善しない場合には、産毛が原因のときもあります。良く鏡を近づけてみると産毛が見えるので分かります。

原因をしっかりと知ることでキチンとした対策を立てる事ができ、また、原因を作らないように予防することもできます。そのためにも自分がどのような原因で黒ずみやすいのかをしっかりと把握しておくようにしましょう。

原因別の対策

鼻の黒ずみ対策には、民間療法的な対策も含めてたくさんの方法が紹介されています。そのどれもが人によって効果の現れ方はまちまちです。

人によって効果による感じ方が違うこともありますが、自分が行なっている対策が鼻が黒ずんでいる原因に合っていないことも考えられます。

原因にあっていない対策法を一生懸命続けていても、若干でも効果があればよいのですが、中には逆効果になり悪化させてしまうことにもなり兼ねません。

鼻が炎症などの肌トラブルを引き起こしてしまうと目立つため、外出するのさえ嫌になってしまいます。

そのようなことにならないようにするためにも、自分の鼻がなぜ黒ずんで見えるのか、その原因をしっかり見極めた上で、原因に対する対策を講じる必要があります。それでは鼻の黒ずみの原因別の対策について紹介していきます。

ppppppppp

原因に合った鼻の黒ずみ対策法を

まずは毛穴が汚れなどでつまり、それが酸化して黒ずんで見える場合の対策法です。この時の毛穴に詰まっているものの7割がタンパク質と考えられています。

つまりこのタンパク質を分解させれば毛穴の角栓による黒ずみは解消されます。顔のタンパク質汚れを落とす洗顔料として酵素入りの洗顔料がお勧めです。

酵素洗顔を使用し、正しい洗顔法で洗顔した後、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなど肌になじみやすい保湿成分の配合された化粧水で保湿を行ないます。取り込んだ水分が逃げないよう、油性の保湿成分が含まれている乳液や美容液でふたをすれば完成です。

毛穴のシミの場合は何らかの刺激によって毛穴にメラニン色素が分泌されることによって黒ずんで見える場合です。この場合にはまず肝心なのはメラニン色素の分泌を抑えるために、紫外線や刺激となるものをなるべく抑えるところから始めてください。

日焼け止めを塗る、不意にいじらない、肌に合わない化粧品をつけないなどの対策が必要です。そのほかに正しい洗顔法で洗顔し、しっかりと保湿を行なうことや、しっかり睡眠を取り健康的な生活を送ることで改善していきます。

産毛が黒ずみに見えている場合には、産毛を処理する方法が一番の近道ですが、自分で処理した刺激によって黒ずみが悪化してしまう事もあるので、自分で処理するのは控えてください。皮膚科や美容皮膚科などで脱毛の相談をしてみることで肌に負担がかからず安全に産毛を処理できます。

黒ずみ対策の基本は正しい洗顔です。正しい洗顔方法は、まずはぬるま湯でしっかりと顔をぬらした後、手で石鹸を良く泡立てて使用します。

優しくマッサージするように洗い、摩擦を与えないようにしながらしっかりと石鹸分を洗い流します。時間があれば最後に冷水で顔を洗えばけあなを引締めることもできます。

洗顔が終わったらタオルを優しく押し当てるようにして水分を拭き取り、すぐに化粧水でしっかり保湿をすれば、刺激をなるべく抑えた洗顔ができます。